スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『顰蹙』

こんにちは。
本日のテーマは顰蹙です。
なんて読むの?そう思った方もいらっしゃるかと思いますが、
これは『ひんしゅく』です。

この字がかければ、漢字が詳しいというキャラが手に入るかもしれません。
何でもそうですが、みんなが知らないことを知っているというのは、今の時代とても意味のあることのようです。
これぞまさしく情報化社会ですね。

少し話が逸れてしまいましたが、本日のテーマは顰蹙です。

よく『顰蹙を買う』などという言葉が使われたりしますが、これは自分の言動や行動が原因で相手に不快感を与えるという意味です。
日本人は(私もしかり)顰蹙を買うことを恐れてはっきりと自分の意見を言わない人が多いです。
さらに自分も我慢しているんだからという理由で、他の人にもそれを求めます。
そして自分の意見をはっきり言っている人が現れると、もっと相手の気持ちを考えろとか、
不謹慎だなどの理由をつけて批判し、自分と同じ位置に引きずりこもうとする人たちもいます。

これは自然の摂理であるとも言えます。
自然界ではすべてが平等になろうとします。

気圧は高いところから低いところへ風を送り込みますし、
川の流れは、高いところから低いところへ流れ込んで、水面を平らにしようとします。

では海外の国のようにもっと自分の意見をはっきり言える世の中にしてはどうか、
これはこれできっと問題もあるのでしょう。

第一そんな風潮に全体がなれるまでに時間がかかりますし、今のぬるま湯のような世の中が好きな人たちも大勢います。
そもそも日本語という言語は、遠まわしに言うことが出来る言語なので、このような社会になっていったとも言えます。

大事なことは、今の日本ではっきりと物事を言えるかどうかでしょう。
これはとても勇気がいることであり、価値があることです。

まあ人それぞれの考えがあるので、何が正しくて、何が正しくないのか、は
はっきり言い切れませんが。。
これもいつの間にか身に付いた顰蹙を買わないための言動なのかもしれません。
スポンサーサイト
プロフィール

penjack

Author:penjack
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。